読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめのラン練習日記

初心者の練習日記。2017/3 篠山ABCマラソンでサブ3.5達成。主に長居公園をぼっちランしています。

ふくらはぎ痩せたい

今朝も朝ランで長居公園へ。
行き帰りと園内6周。ハーフの距離をキロ5くらいで。

これでGWの練習(レース含む)も終わり。4/29〜5/7の9日間で118kmを踏めた。距離的には満足している。

公園の周回コースを巡航していると、見るからにランナー体型な人がウォーミングアップしてるのが見えた。

おそらく速いんだろうなと思って走り続けると、音もなく後ろから迫ってきて、あっという間に置いていかれた。

ストライドがすごく広い。それでもピッチを押さえてあのスピード(ようするに余裕の走り)。本気で走ったらものすごいんだろうなと。

上半身の筋肉(体幹)も鍛えられてるのもあるけど、目に付いたのが太ももがめちゃ太い。でもふくらはぎは細くてシュッとしている。

陸上選手でふくらはぎが太い人ってほとんど見ない気がする。
じぶんは…ふくらはぎがすごく太い。

陸上をやっている人からも、ふくらはぎが発達する走り方は良くないと聞いたことがある。
要は自分の走り方は良くないんだろう。

考えて見れば、足首の上に重いこぶを持っているようなもの。ストライドやピッチに影響するのは必然だよね。

運動科学総合研究所の高岡英夫氏によれば、
素早い動きをするためにはつま先で蹴って体を動かしたのではダメで、重力に対して体を抜く、つまり踵を起点にして膝から体を重力に預けるような動きが効果的だということだ。
Yahoo!知恵袋より引用)

確かにつま先重心で蹴ってると思う。しょっちゅう母指球のあたりが痛くなるのも、たぶんそのせいだろう。

上から判子を押すような意識でというのも聞いたことあるな。
独学で走ってるとそのあたりよくわからない。

速く走るための三大要素、「乳酸性作業閾値(LT)」「最大酸素摂取量(VO2MAX)」「ランニングエコノミー」のうち、前2つは練習で向上させることができるが、これからはランニングエコノミーにも目を向けていこうと思う。

ふくらはぎもだけど、体重が減らないんだよなぁ…。むしろ増加してる。ダイエットしたら体力持たないしな…難しい。

本日の練習
長居公園周回コース ハーフペース走
天候:くもり 16℃
21.20km
1:45:35min
4:59/km
シューズ:LYTERACER RS5-WIDE
今日の体重:64.0kg